2009年09月25日

探偵的?出石皿そば巡り−−「探偵瀬戸啓一朗のブログ」

From con

 

出石皿そばってB級グルメ??


なんてことを以前書きましたが、

http://hyogotsucool.seesaa.net/article/127116338.html
ゆる〜く、ご当地グルメっていう括りにすれば、

出石皿そばも充分、そのジャンルに入るかと思います。

 

※ラーメンをB級グルメとしながら、

同じ麺類のそばをB級グルメから外すというのはなんですが、

パスタもB級グルメと呼ぶと、???な感じがしますし、

根拠のない何となくの雰囲気ですので……。

 

半年ほど前、出石皿そばについてあれこれ調べていたときに参考にしたのが

「探偵瀬戸啓一朗のブログ」「出石おすすめ皿そば」のカテゴリ。
http://www.setokeiichiro.com/delight/buckwheaty/izushi/sarasoba.html

この瀬戸啓一朗という方(本名?)、本職は探偵らしいのですが、
そのブログの凄いこと。

様々な食べ物から観光地、自身のお仕事のことまで紹介されてます。

まさに探偵らしい調査能力に裏打ちされたブログです。

 

そういった意味では掲載内容を出石皿そば中心にしたり、

出石皿そばに限っているわけではないので、

このカテゴリで紹介するHP・ブログの選定基準(HP・またはブログ全体で兵庫のB級グルメに徹底的にこだわっているもの)

からすれば少し外れるようですが、

しかし、出石皿そばを紹介するカテゴリ内だけでも充分な量があり、

ここで取り上げるに値する、そんなブログです。 


このブログがお薦めなのは、以前の紹介した「兵庫のラーメン屋さん」同様、

http://hyogotsucool.seesaa.net/article/128302930.html
店舗の網羅性味覚表現によります。

そばへの愛情が本当に感じられます。

 

さらに、このブログでは、蕎麦判定13のポイントによって、

各お店の評価がされていますことも注目点です。
(すべてのお店ではないですが)


こういった評価は非常に難しいと思いますけど、

その客観的な評価を目指す姿勢に敬服するのと、

実際の評価はかなり辛めかな〜と思わないでもないですが、

個人のブログでこそ出来る出石皿そばへの愛情表現、かと。 


こういったグルメ探偵さんに愛される出石皿そばって、

本当に兵庫の誇るべきご当地グルメだと思います。 


出石にはもう何度も皿そばを食べに行っている、

もう少し出石皿そばを探求していきたい、

そんな人にお薦めのブログです。
posted by CON at 08:57| Comment(1) | TrackBack(0) | このHP・ブログは! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

優しい神戸の風景たち−−「『神戸在住』の風景」

From con 


小説には「城崎にて」という名作がありますが、

兵庫県や神戸を舞台にした漫画って言うと?

 

その名のとおり、神戸を舞台にした
木村紺『神戸在住』という作品があります。

『月刊アフタヌーン』(講談社)に
19982006年にわたって連載された作品です。

 

書名だけ知っていて、読んだことはなかったのですが、

このたび1巻を買ってきて読んでみました。

 

神戸山手大学・短期大学をモデルにした学校に通う大学生が主人公の物語で、

震災にまつわるエピソードが随所に出るほか、

1巻だけを見ても、

三宮、中華街、ハーバーランド、須磨海岸、六甲アイランド
といったメジャーどころから、

長田、ひよどり台、モトコー(元町高架下)
といったところまで、

神戸の様々な土地が主人公の視点から紹介されます。

 

ウィキによると、作者の木村紺はプロフィール不詳の人らしいですが、

美術科に通う主人公の繊細な感覚と交友関係から、
作者の優しさがかいま見えます。

それらに加え、一見淡々としたストーリー展開と繊細で柔らかいペンタッチが

作品の独特の雰囲気を醸し出すと共に、

神戸の風景描写を優しいものにしています。

 

この『神戸在住』で描かれた風景を写真で紹介しているのが、

Nonkiさんが2001年に開設した「『神戸在住』の風景」です。

http://nonki.pro.tok2.com/

1〜10巻ごとにギャラリーをつくって、
各巻相当な枚数の写真が掲載されています。

 

『神戸在住』が気に入った人であれば、

その風景を実際に見てみようか、
という気にさせるだけの写真が充分に集めてあります。


私も2巻以降も揃えて、
作者の描く優しい風景を探しに
神戸市内の散策に出かけてみようかな。


そんな気分にしてくれるホームページです。


(参考)
ウィキペディアの「神戸在住」「木村紺」(9/23現在)

posted by CON at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | このHP・ブログは! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

かつめし食べたくなっちゃった!「加古川かつめし物語」

From con

 

我らが兵庫B級グルメ探検隊。次なるターゲットは???

かつめし、姫路おでん、ぼっかけ……

とりあえず、加古川のかつめしについてネットで情報検索したら、

出会ったHPが、「加古川かつめし物語」。

http://www.katsumeshi.com/

 

5歳から加古川に住んでいるという「minami」さんが開設したHPです。

 

開設は(おそらく)2008年ですから新しく、

お店のリストもついていますが、味を紹介しているのは3店舗だけで、

それほどの網羅性があるわけではありません。


それでも是非ご紹介したいのは次の3点によりますです。
 

1つ目は、
かつめしに関する知識がコンパクトにまとめてあることです。

HPの画面もシンプルでとても見やすい。

HPを作ったことないのでよくわかりませんが、

完成度は高いのではないでしょうか。


2つ目は、
minami」さんは名前から女性と思われますが
(まちがっていたらすいません)

自作?イラストなんかもつかわれて、
女性らしいセンスが活かされた親しみやすい画面

「加古川かつめし物語」というネーミングとのギャップが良い感じです。

(勝手に男性くさいイメージを抱いていたので)


それぞれの記事の等身大的な書き方も好感度高いです。

 

以上の2つはさておいても、3つ目は、
とにかく、文章全体からかつめしへの「愛」が感じられるところです。


「私の家のかつめしレシピ」というコーナーが、また良い!

どれだけの家庭で作られているのかわかりませんが、

それぞれの家のレシピを集めたら、面白いですよね。


加古川でかつめしがご当地グルメとして本当に愛されているんだな

ということが画面全体からあったかく伝わってきます

これぞ、
ご当地グルメホームページです!

かつめしについてまず知りたい、という人にお薦めのホームページです。

この「加古川かつめし物語」を見ていたら、

とにかくかつめしが食べたくなっちゃいました


ということで、兵庫B級グルメ探検隊の
次なるターゲットは、
かつめしに決定!! 
posted by CON at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | このHP・ブログは! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。