2011年03月18日

【環境ゆるキャラ】スイセイ君(フレキソ印刷)

 長田(神戸市)でそばめしせんべいを買ったら、魅力的なパッケージの裏面に、なんともかわいいゆるキャラを発見!

sobameshisenbei.jpg     suiseikun.jpg

 その名も「スイセイ君」。
 大事そうに地球を抱っこしています。

 スイセイ君は水性フレキソ印刷(凸版印刷の一種)のマスコットキャラクターなのです。


 そもそも、インキに油性と水性があったなんて初めて知りました。

 現在グラビア印刷に使われているインキの種類は、油性インキと水性インキに大きく2つに分別され、使われている溶剤によって区別されます。

 油性インキは、溶剤に有機溶剤を使用したものを指し、従来から使用されてきています。
 水性インキは、溶剤に水とアルコールのみで使用したものを指します。


 印刷効率を上げるためには蒸発しやすい化学物質を使用しますが、油性インキで使われている化学物質は、刺激臭が強い、充満した際に引火・爆発しやすい、人体に吸引されると健康被害を及ぼす、環境にも影響があるといった数々の問題を引き起こします。

 水性インキは、油性インキに比べると作業効率や精度が低まりますが、こうした問題は生じないのだそうです。
 そしてフレキソ印刷は、希釈剤に水を使用し、環境にやさしく、特に食品包装分野に適応されるのだそうです。


(日本フレキソ技術協会)
 http://www.ftaj.org/hurekisotoha.html

(スイセイ君)
 http://www.marufukukk.co.jp/work/flexo/index.html


 ちなみに、フレキソとは、用いるゴム版がフレキシブルflexible(柔軟性)であるのでフレキソグラフィといわれ、日本では略してフレキソと称するのだとか。
(yahoo百科事典)
 http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%BD%E5%8D%B0%E5%88%B7/


 スイセイ君にも地球にも色が付いていないのは、環境に配慮した結果なのかな?
 それとも商品より目立たないように、という奥ゆかしさのあらわれなのかな?

 たぶん、長田のそばめしせんべいの他にもスイセイ君が印刷されていると思います!今度おみやげを買ったら探してみてください!
posted by チビ. at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191281885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。