2010年07月21日

まさか、しょうが醤油で食べる姫路おでんが離婚原因になるとは!?

By con

 

毎日暑い日が続きますね。

 

三宮、元町に出るとビックリするぐらい暑いですが、同じ神戸でも我が家がある新興住宅街は緑も多く、海からの風も吹いて、涼しいです。夜なんか冷房が要らないのはもちろん、涼しすぎて、窓も少し開けているくらいです。神戸は過ごしやすい、本当に良い街ですね。

 

閑話休題。

先日、私の職場の隣席の生粋の姫路女性の「姫路おでん」にまつわる話について書きました。
http://hyogotsucool.seesaa.net/article/156796364.html

彼女の実家では、からしで食べるおでん(=関東煮?)としょうが醤油で食べるもの(=姫路おでん)が共存していました。

 

しかし、職場の別の女性、これまた生粋の姫路女性によると、「しょうが醤油で食べるなんてのは当たり前で、からしで食べるおでんなんか食べたこともなかった」というのです。しょうがを自分でおろしてしょうが醤油をつくっていた、とのこと。

からしでおでんを初めて食べたのは、大阪の大学に進学してから。友人の家でみんながからしでおでんを食べるのを見て、「へえ〜、こんな食べ方もあるんだ。」と思ったとか。

 

彼女は秋には神戸の男性とめでたくゴールイン。そんな彼女の悩みは、おでんをどうやって食べるのか、彼氏ともめるのではないかということ。しょうが醤油は絶対に譲れない彼女に対し、神戸出身の彼氏が拒否反応だった場合………成田離婚ならぬ関空離婚!?

……………なんてことはないか。

 

引き続き、各家庭における姫路おでんの情報について、姫路及び周辺の人々に色々と聞いてみることにします。

posted by CON at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路おでん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157046982
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。