2010年07月21日

水木しげる氏と兵庫県の関わり:漫画家の出発点

From NV1

ゲゲゲの鬼太郎』の作者の水木しげる氏は,兵庫県と関わりがあります。
同氏が生誕した鳥取県境港市はよく知られていますが,漫画家としての画業の出発点は,兵庫県の神戸市や西宮市にあります!

神戸市兵庫区に「水木通」(みずきどおり)という地名があり,同地の「水木荘」というアパートを管理していたことが,ペンネーム「水木」の由来だそうです。
その後,西宮市今津に移った頃に『ゲゲゲの鬼太郎』に続く元の作品が描かれたとも言われています。

詳しくは,
 ネットミュージアム兵庫文学館
  http://www.bungaku.pref.hyogo.jp/
 近現代 水木しげる館:水木しげるワールド ―画業の出発地神戸から―
  http://www.bungaku.pref.hyogo.jp/kikaku/mizuki/index.html 
のコンテンツをご覧くださいませ。

その他,かつて「宝塚ファミリーランド」(2003年閉園)では,毎年夏の定番で「水木しげる/ゲゲゲの鬼太郎」の催しがありました。…ということをご存知の方も非常に多いかと。 
posted by NV1 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156997219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。