2010年05月12日

おでんの本(『とことんおでん紀行』)

姫路おでんを食べに行って、はや、1ヶ月。
一応、調べてから書こうと思って、そのままずるずると・・・・
月日のたつのは早いですね。

いま、
新井由己『とことんおでん紀行』知恵の森文庫(光文社)
という本を読んでいます。
著者の新井さんは1990年代に原付で日本1周しながら、
おでんを食べ歩いたという強者。韓国、台湾にも行ってます。
その成果がこの本にまとめられています。

もちろん、このなかで、特徴あるおでんとして
姫路おでんも取り上げられています。(同書、190-194頁)

この本によれば、しょうが醤油で食べるという習慣は
西は相生市まで確認でき、北は(旧)波賀町まで確認できるということ。
東は不明ですが、西脇市でもかけるという情報があるということ。
「姫路市を中心にして播磨平野全体に広がりつつあると思われる。」
とあります。

また、姫路→相生→新宮→山崎→波賀と移動していく中で、
「普及する地域から離れるにつれて、上からかけていたのがつけるだけになるようだ。これは味噌だれを好む地域と同じである。」
とも感じられたようです。

この辺、ホントのところはどうなのか、調べてみたいですね。

それにしても、この本を読んで思ったのは、
各地のおでんがホントに個性豊かなこと。
シンプルな料理ほど、地域特性が出やすいのでしょうか?

B級ご当地グルメならではの楽しい本です。
興味のある方はご一読を。


posted by CON at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 姫路おでん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。