2010年02月09日

劇場版『涼宮ハルヒの消失』背景の密度高すぎ

From NV1

本日(2010年02月09日),劇場版『涼宮ハルヒの消失』を,ようやく観ることができました。
上映時間が約163分(2時間42分53秒)と長いけど,緩みなく話が丁寧に描かれており,飽きることなく一気に完結まで見られるので大満足です。

100208映画館入口・上映作品一覧.jpg


まず,ストーリーの感想ですが…,
TVアニメ放送の視聴だけ,原作文庫は未読のまま」で臨みましたが,スクリーンに引き込まれました。
少なくとも既アニメ化の知識は必須ですが,本作のような未アニメ化の話は未知の方が,ドキドキしながら楽しめます。
話の展開がある程度読めるとはいえども,原作者の伏線の張り方に感心させられるばかりです。


100208映画館入口・ロビー.jpg


次に,アニメシーンの感想ですが…,
京都アニメーションの制作ですから,映像の作り込みが良いのは言うまでもありませんが,劇場映画版で総力が注がれ,更に高い次元となっています。
特に,冒頭から最後まで,背景美術の情報密度の高さに圧倒されました。
作品舞台の甲陽園〜苦楽園の風景:通学路,校舎周りの風景,夙川,阪急沿線などは,地元を知る人間ならわかりすぎるくらいの再現度です。どれだけのロケハンをされたのかと驚くほど。教室の窓などから見える風景にも抜かりなしです。
TV版のときは「ああ,西宮北口周辺が出てるな」と流せたのが,この映画を見ると「本当に現地を歩いて,その場面を確かめたい!」と駆り立てられます
あと,最後の方,神戸市東部・山側の建物屋上からの夜景も,緻密すぎます。阪急神戸本線からすぐわかる建物で,帰路見えるところなので,真っ暗なのに写真撮影。

100208映画作品舞台・甲南病院.jpg

パンフレットでは,実際の西宮市の作品舞台で撮影された茅原実里さんのテーマソングPVの写真が見られます。

最後に,個人的な心残りは,神戸・三宮の映画館スクリーンで前の人の頭が視界に入りやすかったこと。
あと,社内斡旋で購入したチケット「2月1日から有効」なのに,配給が今日ってのはどうなのよ!?
100208神戸国際松竹・映画鑑賞券.jpg

(参考)
 涼宮ハルヒの憂鬱 特設ファンサイト【劇場版消失TOP】
  http://www.haruhi.tv/fanclub/syoshitsu.html
 涼宮ハルヒの消失・京アニサイト【トップページ】
  http://www.kyotoanimation.co.jp/haruhi/movie/


 ※以下,ネタバレに近いものが多いので気をつけてください。
 Lantis web site 『涼宮ハルヒの消失』
  http://lantis.jp/js/ligbox/jsprint.html
  http://lantis.jp/special/haruhi/movie/
 ユーチューブ角川アニメチャンネル:
 「涼宮ハルヒの消失」劇場版予告編
  http://www.youtube.com/watch?v=eHKyNQopYXo
 「涼宮ハルヒの消失」特報
  http://www.youtube.com/watch?v=lfb3NSeoIRA
 ユーチューブランティスチャンネル:
 劇場版『涼宮ハルヒの消失』オリジナルサウンドトラック宣伝用
  http://www.youtube.com/watch?v=QjrkNp02tu0
 劇場版『涼宮ハルヒの消失』テーマソング「優しい忘却」/茅原実里 PV
  http://www.youtube.com/watch?v=a_mWyahWoUA



posted by NV1 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。