2010年12月23日

萌え系神戸みやげをハケーン


しばらくぶりの更新となってしまいました、TMYです。

さて、最近「萌え系神戸みやげ」をハケーンしましたのでご報告します。


まずは、関空にて。
何かおもしろいものは無いものかとお土産売り場をうろうろしていたところ…。

ミツケタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!


@「ハローキティといっしょ!ゴーフレット」

s-IMG_2830.jpg


こ、これは…!!
なぜかセグウェイに乗ってます。

裏面こんな感じ。
s-IMG_2833.jpg

ふむふむ、ちょっと調べてみましたところ、ハローキティとタイアップしたキャラのようですね。
http://www.with-kitty.com/kittyler08
ちなみにゴーフレットは普通に(゚Д゚)ウマーでした。




では次に、所用で神戸のアニ○イトを探索していたところ…。

ミツケタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!


Aぷれみあ!神戸牛せんべい

s-IMG_2971.jpg


兵庫のお土産、これで決まり♪
って書いてあります。
兵庫県限定(ゲー○ーズ、アニ○イト)のようですね。

s-IMG_2976.jpg

神戸牛らしきものがでかいフォークに刺さっちょります。
ちなみにせんべいは普通に(゚Д゚)ウマーでした。


キャラクターを入れて特産物をアピールするというのは古典的ですがやはり面白いですね。
今後もリサーチをかけてまいるでありますっ!!(`・ω・´)ゞビシッ!!

ラベル:萌え 神戸
posted by TMY at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

珈琲屋ドリーム感謝会(ハルヒオフ会inドリーム)

From NV1
※2010年12月24日(金)初校作成,2011年04月21日(木)記事公開。 
 公開から一定期間経過後,記事日付を2010年12月に遡らせます


2010年12月17日(金)開催の『涼宮ハルヒの消失前夜 珈琲屋ドリーム感謝会』に,
主催者の茶請(tyauke)さんから案内いただき参加しました。

101217a_710_感謝会・入口ポスター.jpg


開催の翌朝には,新聞記事に掲載されました:
毎日新聞 2010年12月18日(土) 27面 阪神版 「ハルヒ」ファン40人感謝の集い 西宮の喫茶店
 記事写真→ http://p.twipple.jp/FRcc4
 ネット版→ http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20101218ddlk28040486000c.html
 Yahoo!ニュース→ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101218-00000215-mailo-l28
私が記者に連絡して取材となりましたが,入稿時間の厳しい中,本当に上手くまとめており感心!です。


12/17(金)の午前中は,サブカルチャーで地域活性化を目論む緊急雇用就業機会創出事業の
企画提案コンペ審査会
があり,採択事業が内定して事務局として「やれやれ」というところ。
そう…,採択した4件の内の1つがあの『いまいち萌えない娘』につながるものとなりました!
まさか,この1ヶ月と経たない内に,求人募集で話題になるとは思いもつかず…でした。
(参考)ブログ内記事:急募!サブカル知識を活かせる仕事? 2011年01月07日
  http://hyogotsucool.seesaa.net/article/179436385.html


さて,本稿ですが、一個人の参加者として書いた報告となること,念のため申し添えます。

続きを読む
posted by NV1 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 涼宮ハルヒ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

【商店街ゆるキャラ】きらら君(西脇市・自遊空間きらら商店街)

 
ひらめきこんな記事を見つけましたひらめき

 西脇市の自遊空間きらら商店街に「きらら君」が誕生したそうです!
 1日も早く顔を見に行きたいです〜♪

kirara.jpg



 西脇市下戸田と上野地区にまたがる「自遊空間きらら商店街」(藤本昌宏会長、52事業所加盟)が、ゆるキャラ「きらら君」を作った。西脇高校(野村町)の生活情報科の生徒がデザインを担当。商店街の名前の由来ともなっている星を随所に配置し、親しみやすいキャラクターに仕上げた。今後、商店街盛り上げに活用する。(篠原佳也)  同商店街は「いつまでも輝く星座のように、人々の輪を大切にし、人々に愛されるように」と17年前に名称変更した。
 商店街単独では珍しいゆるキャラ作りは、地域活性化などを目的に今年5月、交流のあった同校にデザインを依頼した。「星にちなんだデザインを」との注文を受けた1〜3年生は、パソコンや手書きでそれぞれがユニークなキャラクターを提案。多彩なキャラクターの中から、最終的に2年生の片岡真奈さん(17)のデザインに決まった。
 きらら君は、星形の顔と優しい笑みが特徴で、上着のボタンやベルトの形も星。播州織のチェック柄のズボンを着用し、地場産業をアピールしている。
 設定では、10月に生まれたばかりの男の子で、おっちょこちょいで人懐っこい性格。趣味はウインドーショッピングで、特技は空を飛ぶこと。ただし、人前では飛ばないという。
 片岡さんは「とても気に入ったキャラクターなので、市民に愛されるようになってほしい。西脇には『にっしー』もいる。一緒にいろんなイベントに出て、地域を活性化してもらえたら」と期待する。商店街の藤本会長(58)は「若い感性を生かし、素晴らしいキャラクターに仕上げてもらった。愛着もあり、話題性を呼ぶ」と話している。
[神戸新聞より転載]
http://www.kobe-np.co.jp/news/touban/0003660787.shtml
posted by チビ. at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆるキャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。